植物による中毒

mushroom-945808_640

家の周囲にある植物でも食べてしまうと中毒になるものがたくさんあります。
葉っぱや花、球根などさまざまな毒が存在します。

人間は花や樹木を鑑賞するだけですが、イヌはときどき植物を口にします。
植物の中には、動物が食べると中毒を起こすものが少なくありません。
イヌが幼いうちから、危険な植物を口に入れたらすぐにとり上げるなどして、しつけをすることが大切です。

じゃがいもの芽や毒キノコなど人間が中毒になるような食べ物は犬も中毒を起こします。
アロエの乳液、ザクロの樹皮、ワラビ・・・
また、花壇の植え替えの時期などにユリや水仙などの球根を放置しないように気をつけましよう。

 

思った以上に毒のある植物は多く、猛毒のモノもたくさんあります。

グリコシド系の毒物を含む植物

心臓に作用する毒です。

植物名 毒物
アセビ(馬酔木) アンド口メドトキシン
アマリリス(球根) アンドロメドトキシン
あじさい ハイドラシアノシド
イヌホオズキ ソラニン
観賞用トウガラシ ソラニン
キョウチクトウ ネリオドレイン
ジギタリス ジギトキシン
ジャガイモの芽 ソラニン
シャクナゲ アンドロメドトキシン
スズラン コンバラトキシン
福寿草 アド二ン
レンゲツツジ アンド口メドトキシン

例:アセビ中毒

pieris-japonica-asebi-13791110-o

 

馬酔木(あせび)

馬が葉を食べれば毒に当たり、酔うが如くにふらつくようになる。
そんな木である。
葉を煎じて殺虫剤に利用できるらしい。
有毒植物なので歯や木を食べたりかじったりすれば中毒になります。

症状

成分は、アンドロメドドキシンおよびアセボビトキシンが含まれており、これが迷走神経の中枢を興奮・麻痺させ運動神経の末端をマヒさせます。

神経が障害されるため、よだれ、おう吐、歩き方がふらつく、脈拍が速くなる、呼吸困難などが起こります。

 

治療

硫酸アトロピンの皮下注射を行い治療します。
また症状に合わせて対処療法を行います。

 

 

 

アルカロイド系の毒物を含む植物

動物の体内に入ると神経ホルモンの活動を冒す神経毒となります

植物名 毒物
イチイ タキシン
ケシ モルヒネ
タバコ(葉) ニコチン
チョウセンアサガオ アト口ピン
トリ力ブト アコニチン

 

 

その他の毒物を含む植物

植物名 毒物
ソデツ(種子) サイカシン
ダイオウ シュウ酸
トウゴマ リチン
毒キノコ類 アマ二トトキシン
二セア力シア 口ビン
ムギナデシコ サポトキシン
桃(未成熟実、種) 青酸

 

投稿日:

Copyright© 猫と犬の病気と薬 なんとかし隊 , 2018 All Rights Reserved.