かゆみ止め 外用薬

アンチバイオティックローション

投稿日:

犬猫における外耳炎アレルギー性皮膚炎、急性・慢性湿疹、趾間炎およびその他の細菌性皮膚炎に使用する塗り薬です。

おもにかゆみや痛み、あかみがでるような症状に使うお薬ですね。

かゆみをとめて、殺菌効果と炎症を抑えることができますし、液状になっていて耳にも使いやすいでしょう。

 

アンチバイオテックローションの特徴

3つの有効成分

  1. ネオマイシン
  2. リグノカイン
  3. ヒドロコルチゾン

 

様々な種類の菌を殺菌できる

ネオマイシン

アンチバイオティックローションの有効成分であるネオマイシンは、細菌を殺して感染を治療する抗菌成分です。
比較的広範に菌作用するので、グラム陰性菌、グラム陽性菌ともに強く阻害することができます。
細菌の細胞膜の合成を邪魔することで増殖させない効果があります。

 

かゆみと痛みをストップ!

リグノカイン

麻酔成分のリグノカインが痛みを抑えたり、かゆみを抑える効果があります。
やはり、かゆみや痛みは我慢することが難しく、どうしても掻いてしまいます。
そのため麻酔成分を入れることで、これ以上掻いたりしないようにできます。
これにより症状の進行を食い止めます。

 

炎症を強力に抑える

ヒドロコルチゾン

副腎皮質ホルモン(ステロイド)であるヒドロコルチゾンが皮膚の発赤、腫れ、かゆみなどを改善します。

ステロイドには炎症をとる強い作用があります。
炎症によっておこる腫れや赤みを抑えることで、かゆみや痛みの原因を抑え込みます。

湿疹やアトピー性皮膚炎をはじめ、さまざまな皮膚症状に使用されています。

速効性にすぐれていて、皮膚症状に非常によい効果を発揮します。
患部に直接作用するので、飲み薬のような全身性の副作用がほとんどないのも利点です。

 

アンチバイオテックローション

内容量 50ml
価格 1,473円

-かゆみ止め, 外用薬

Copyright© 猫と犬の病気と薬 なんとかし隊 , 2017 All Rights Reserved.