ファロー四徴症

生まれつき心臓に四つの先天性異常を持って生まれてきたため、酸素を十分に含んだ血液を送り出すことができません。
そのためさまざまな症状があらわれます。

 

原因

この病気は4つの先天的疾患を同時に持つことから起こります。

  • 肺動脈狭窄
  • 心室中隔欠損
  • 右心室肥大
  • 大動脈の右方転移(大動脈騎乗)

 

下記のような異常が一度に起こっている大変困った病気です。

心室中隔欠損
左心室と右心室の間の壁(中隔)に穴が開いている。

大動脈騎乗
左心室の出口である大動脈が、右心室と左心室にまたがるように位置がずれている。

肺動脈狭窄
右心室から肺へ向かう動脈の出口が狭くなっていて、血液が通りにくくなっている。

右心室肥大
右心室が拡張していて、うまく収縮できないので血液を送り出す力が弱い。

 

この心臓を動かすとどおなる?

 

 

 

これが正しい流れの心臓です。
本来は肺へ行って酸素をたっぷり含んだ血液が全身をめぐる予定ですが、ファロー四徴症の場合は、
右心室は肺へ血液を送り出したいが、心臓の筋肉がデカくなって縮むのが苦手である。

肺へ送り出したいが、その途中の血管が細くなっている。

右心室と左心室をまたがるように全身に向かう動脈がつながっているので、肺へ送り出しにくい。
そのうえ、右心室と左心室の壁に穴がある。

結果としては、肺へ血液が少ししか行かない状況になります。
そのため、酸素を十分にふくんでいない血液が送り出され、全身で酸素不足が起こっています。

 

症状

このような欠陥だらけの心臓のために、主な症状は運動時の呼吸困難や舌や口が真っ青になるチアノーゼという酸素欠乏状態が起こる。

全身をめぐる血液の酸素量がかなり低下するため、息切れや咳がみられ時には呼吸困難を起こします。
時には貧血の発作で失神することもあります。
そのため、非常に疲れやすくなるため、散歩などの運動を嫌がるようになります。

このような先天的な疾患を持って生まれると、出生時から症状をあらわすようになり、正常な犬よりも発育が悪くなります。

 

 

治療

心臓の欠陥が軽度である場合は、一生をなにもなく過ごすことができます。
しかし、ほとんどの場合、成長途中で心不全により死亡してしまいます。

対処療法として内科療法を行いますが、決め手となるような治療はありません。
血流をよくするために血管を広げる薬や、心拍数を減らす薬などで心臓への負担を和らげます。

貧血を繰り返すような場合には、あまり長くは生きられないと考えなければなりません。

投稿日:

Copyright© 猫と犬の病気と薬 なんとかし隊 , 2018 All Rights Reserved.