フィラリア、ノミダニ、寄生虫 フィラリア薬

ハートガードプラス

投稿日:

ハートガードプラスは、日本で販売中の
『カルドメック チュアブルP』と成分、メーカー、使用方法もすべて同一となっています。

蚊の発生期間中に毎月1回、1ヶ月間隔で与えることにより、蚊を媒体とするフィラリア(犬糸状虫症)を予防するのと同時に、お腹に住み着く虫を駆除し、愛犬を守ります。

有効成分で神経細胞や筋細胞を麻痺させて、寄生虫を殺します。
哺乳類には、もっていない神経細胞に作用することから、副作用が起こりにくくなっています。
犬が最も好むと言われている牛肉を使用した半生タイプの製品となるので、薬を嫌う愛犬へもストレスなく与えることが出来ます。

 

特徴

有効成分 イベルメクチン

月に一回で効く

イベルメクチンのフィラリアの幼虫に対する感度が非常に高く、低用量でフィラリア幼虫を駆虫できるため、1月に1回のペースでフィラリア幼虫を駆虫することで、成虫の心臓寄生をほぼ100%防ぐことができる。
犬の健康に害を与えるのは成虫になったフィラリアだけです。
成虫になることさえ防げればフィラリアによる健康被害はありません。

 

リーチバック効果

リーチバック効果とは、投薬の遅れを取り戻す効果のことです。

もし、飲み忘れてしまって感染の心配がある場合は少し長い期間イベルメクチンを飲むことによって感染の対策をとることができます。

有効成分イベルメクチンを蚊の季節が終わったあとも投与を中止せず、そのまま数ヶ月間継続的に投与し続けると、未成熟幼虫も駆除できることが分かってきました。

未成熟幼虫が成虫として肺動脈に棲みつくまでには未成熟幼虫になってからでも2~3ヶ月かかるとされていますから、イベルメクチンを継続的に与えていれば、万一飼い主さんがシーズン中の予防薬投与を1~2回忘れたりして生き残った幼虫がいたとしても成虫になるのを防ぐことができ、予防が完璧になるだけでなく毎年のフィラリア検査も要らなくなります。

 

フィラリア成虫の不妊化

イベルメクチンを与えているとメスの成虫は不妊化してしまうことが知られています。

ミクロフィラリアそのものは犬の害になるものではありませんが、ミクロフィラリアのいる犬は蚊に吸血されることによって他の犬達への感染源になります。

自分の飼い犬がフィラリア拡散の加害者になることは飼い主さんとして絶対に避けるべきことでしょう。

 

有効成分 ピランテル

消化管寄生虫を駆除

回虫、鉤虫、鞭虫などは腸など消化器に寄生する寄生虫です。
これらの寄生虫を興奮状態にさせ、痙攣をおこし動きを麻痺させ、排便とともに、体外へ排出させます。
場合によってはおう吐によって排出されることもあります。

 

副作用が少ない

効果がよく服作用も少ないので、広く使用されています。
副作用としては吐き気、腹痛があるようです。

 

おすすめは年間継続投与

腸管寄生虫の通年予防と駆除

腸管寄生虫の感染には季節性がありません。一年中同じ感染リスクがあります。
ハートガードプラスを通年投与していれば、自動的に腸管寄生虫の予防もできることになります。

 

成虫の余命短縮

フィラリアの成虫は5~7年の寿命を持つといわれていますが、有効成分のイベルメクチンでその余命が2年程度に短縮されるのです。
フィラリア予防をしているから成虫はいないと考えていると思いますが、少数のフィラリア成虫が棲息していることは意外と多いようです。

こんな人にはおススメ

  • 毎月一回必要な時期にきちんと投与する。を忘れてしまう。
  • 投与を忘れたこと自体を忘れてしまう。
  • ほんのちょっとだけ寄生中がいる場合
    動物病院で行う投与前の一通りの検査だけでは検出することが出来ないことが多いです。

フィラリアの病状は数年後に現れますから、結果としてそのまま放置することもありがちです。
年間で飲み続ければ成虫になったとしてもその期間を短くすることができます。

 

使い方

毎月1回、1ヶ月間隔で摂取させることにより予防ができます。
蚊の発生期間である5月~12月の間で飲ませ続けましょう。
途中で投薬を忘れた場合や最後の投薬を忘れた場合、それまで投与した薬が無駄になる可能性もあります。

本剤を与える際、よく噛ませるように与えてください。普段あまり噛まずに食物を飲み込む傾向のある犬には、本剤を細かく割って与えてください。

 

使用上の注意

検査してから使おう

フィラリアにすでに感染しているか、検査してから使いましょう。
感染している場合、血液の中に「ミクロフィラリア」というちっさな寄生虫がいるわけです。
そこでお薬を投与すると、当然血液中のミクロフィラリアが一度にどっさり死にます。

そうすると血管に詰まってショック症状を起こしたり、発熱したりといったトラブルが起こるからです。
したがって、予防薬として使用する際は犬糸状虫の感染の有無を検査する必要がある。

イベルメクチンによる副作用

イベルメクチンはコリー種に対して副作用が起こることがあります。

しかし、フィラリア予防に使われるイベルメクチンの濃度は6-7μg/kgです。
この用量であれば、一ヶ月に一度ずつ飲ませて行っても、フィラリア予防のために投与されるイベルメクチンの量は非常に微量であるため、コリーたちに副作用を起こすことはないとされています。

 

ハートガードプラス

メーカー メリアル
内容量 1箱 6個

小型犬用 12㎏以下

1箱 2,936円
2箱 5,609円
3箱 8,013円
L2-fl05-10

 

中型犬用 12~23㎏

1箱 3,148円
2箱 6,200円
3箱 8,700円
 L2-fl05-03

 

大型犬用 23~46㎏

1箱 3,896円
2箱 7,074円
3箱 9,845円
 L2-fl05-08

 

 

上記記載の価格はUSドルを日本円に換算したものです。
海外で販売されている動物用医薬品を個人輸入の代行を利用することになるので
購入のタイミング時の為替価格の変動で販売価格が変動することがあります。

-フィラリア、ノミダニ、寄生虫, フィラリア薬
-

Copyright© 猫と犬の病気と薬 なんとかし隊 , 2017 All Rights Reserved.