マラセチアはカビ(真菌)の一種で、その中でも酵母菌と呼ばれるものに属します。

マラセチアは犬の外耳道、肛門嚢、指の間、唇、皮膚粘膜などに常在しているありふれた酵母で
通常は犬の皮脂腺から分泌される脂質を栄養分として、通常はひっそりと暮らしていますが、
何らかのきっかけで増えすぎてしまい炎症を起こさせるのです。