メーカー シプラ
商品名 クリンベット
主成分 クリンダマイシン 25mg
種 別 リンコマイシン系抗生物質
形 状 経口液剤

 

ファイザー製薬のアンチローブ錠と同一主成分となりますが、クリンベットは経口液剤です。
肺炎球菌や連鎖球菌によって引き起こされる様々な細菌による感染治療(傷や化膿)、骨髄炎、歯性感染などの治療に用いられます。

歯周病や口臭、口内炎など

※歯性感染:虫歯や歯周病が原因で細菌性の炎症が周囲の組織まで波及してしまう疾患。

 

クリンダマイシン

クリンダマイシンは誤嚥性肺炎の治療に使用されたり、他の抗菌薬と併用して用いられたりします。
また、塗り薬はニキビ治療に使われます。

食べ物や唾液などが誤って器官に入ることを誤嚥(ごえん)といいます。
誤嚥により、唾液などに含まれる細菌が原因で肺炎を発症することがあり、これを誤嚥性肺炎といいます。

作用

静菌作用があります。
細菌が活性化するために必要なタンパク質の増加や合成を停止させ、また、既存の細菌を死滅させることによって細菌の繁殖を停止させます。

 

適応菌種

  • ブドウ球菌属
  • レンサ球菌属
  • 肺炎球菌
  • ペプトストレプトコッカス属
  • バクテロイデス属
  • プレボテラ属
  • マイコプラズマ属

 

 

適応症

  • 敗血症
  • 咽頭・喉頭炎
  • 扁桃炎
  • 急性気管支炎
  • 肺炎
  • 慢性呼吸器病変の二次感染
  • 中耳炎
  • 副鼻腔炎
  • 顎骨周辺の蜂巣炎
  • 顎炎

 

 

 

 

使用方法

スポイトがついているので使いやすくなっています。
人の味覚ですが苦味が強いらしいです。

 

犬の傷、膿瘍、歯性感染
使用量 体重1kg 当たり2.5mg
使用頻度 12時間毎に経口投与

 

 

犬の歯髄炎
使用量 体重1kg あたり5.0mg
使用頻度 12時間ごと

 

猫の傷、膿瘍、歯性感染
使用量 体重2.27kg 当たり1~2ml
使用頻度 24時間毎に経口投与

 

副作用

吐き気、嘔吐、下痢などが見られる場合があります。
L2-fl05-07