ロジールはダラシンと同じ有効成分のクリンダマイシンを含有する抗生物質です。
ダラシンのジェネリック医薬品です。

ロジールは犬の歯周病や、猫の感染症を治療します。

クリンダマイシンの効果

ロジールに含有されている「有効成分クリンダマイシン」はリンコマイシン系の抗菌剤です。
細菌が活性化するために必要なタンパク質の増加や合成を停止させ、また既存の細菌を死滅させることによって細菌の繁殖を停止させます。

皮膚 皮膚感染症

慢性膿皮症

のど 咽頭・喉頭炎扁桃炎
気管支、肺 急性気管支炎肺炎、誤嚥性肺炎

慢性呼吸器病変の二次感染

涙嚢炎

麦粒腫

外耳炎

中耳炎

副鼻腔炎
あご 顎骨周辺の蜂巣炎顎炎
感染症 猩紅熱

骨及び関節の感染症

嫌気性菌による腹膜炎

腹腔内膿瘍

ロジールの使い方

犬の場合の必要量

歯周病の場合

投与回数 1日 2回
(1回 12時間ごと)
期間 5~10日間
一回の薬の量 1kgあたり 5mg

表在性膿皮症の場合は、21日間の連続使用の可能性もあります。

 

例 まさお 5歳 15kg

15kg × 5mg = 75mg
必要なクリンダイマイシン 75mg
1カプセルは25mg なので
3カプセル投与します

 

全身性感染症

投薬回数 1日 3回
一回の薬量 1kgあたり 3~10mg

 

犬の骨髄炎の場合

投与回数 1日 2回
期間 最短28日~
14日以内に効果が見られない場合
使用中止
一回の薬の量 1kgあたり 11mg

 

猫の場合の必要量

感染症の場合

投与回数 1日 2回
期間 5~14日間
投与量(1kgあたり) 5~10mg

 

トキソプラズマ症の場合

投与回数 1日 2回
期間 28日間
投与量(1kgあたり) 12.5mg

 

注意事項

  • 抗生物質のエリスロマイシンと併用すると、この薬の効力が発揮されません。
  • 妊娠中、産前、産後の動物に投与しないでください。
  • ウサギ、ハムスター、モルモット、チンチラ、馬または反芻動物には使用しないでください。
    激しい胃腸障害になる可能性があります。
  • 副作用については、嘔吐や下痢が見られることがあるようです。

 

ロジール 150mg

内容量 100錠
有効成分 クリンダマイシン
1箱 3,413円
2箱 5,891円