目の色が変色した

犬の黒目の部分が白っぽく見えることがあります。

眼球の表面が白っぽい

%e8%a7%92%e8%86%9c%e3%81%8f%e3%82%82%e3%82%8a

角膜炎

眼球の表面が白っぽく見えるのは、さまざまな原因で角膜が傷ついたり炎症を起こすためです。
このような状態を角膜炎といいます。
角膜が白くにごっているときは角膜混濁と呼ばれる状態です。

詳しくはコチラ

 

眼球の奥が濁って白い

%e8%a7%92%e8%86%9c%e7%99%bd%e5%86%85%e9%9a%9c

白内障

眼球の奥がにごって白っぽく見えれば、ほとんどは老年性白内障が原因と考えられます。
多くの動物が年齢とともに白内障になりますが、イスはとりわけ老年性白内障を発症しやすく、犬種によっては5歳くらいでも発症することがあります。

飼い主だと、誰よりも先に犬の黒目が白っぽくなっていることに気づくと思いますが、他にも行動に異変がみられます。

  • イヌが周囲のものによくぶつかる
  • 小さな物音にも敏感に反応する
  • 段差のあるところを上り下がりしたがらない
  • 動くものを目で追わない

 

これらの反応がみられた場合、白内障と考えられます。

白内障は進行すると最終的には犬は全盲となります。
しかし早期に治療を始めれば、完治はできなくても進行を遅らせることが できます。

詳しくはコチラ

 

白目の部分が充血している

%e7%99%bd%e7%9b%ae%e5%85%85%e8%a1%80

結膜炎

白目の部分が赤く充血している場合は、結膜炎の可能性があります。
結膜炎が進行すると目やにが増えてまぶたがくっつき、目が開かなくなります。

原因

  • 毛やゴミなどが入って眼球の表面が傷ついている
  • まつげや眼瞼(まぶた)に異常がある
  • 細菌やウイルスに感染した

 

などが考えられます。

詳しくはコチラ

 

白目の部分が黄色っぽい

%e9%bb%84%e7%96%b8

黄疸

白目が黄色く見えるのは黄疸の可能性があります。
黄痕は胆汁の中の色素ビリルビンが血液中にあふれ出した状態です。

原因

黄疸が出るときというのは

これらの症状などが考えられます。

他にも

  • ウエストハイランド・ホワイ ト・テリア
  • ドーベルマン
  • ピンシャー

これらの犬種は肝臓に銅が過剰に蓄積し、肝炎を起こして黄疸になることもあります。

 

いずれの場合も獣医師の診断を受けなくてはなりません。

 

投稿日:

Copyright© 猫と犬の病気と薬 なんとかし隊 , 2017 All Rights Reserved.