耳の病気はかゆみや痛みで頻繁に掻いたり、頭を振ったりするので異常に気が付きやすいものです。
負担からのケアが予防になります。
放置するとどんどん奥へと進行するので早期発見して対処しましょう。

外耳炎

耳の穴から鼓膜までを「外耳」と呼び、この部分に炎症が起こると「外耳炎」になります。犬ではあらゆる病気の中で最も多い疾患の一つです。

原因は様々で、しかも複数の因子が関係していることが多く、そのため治りきらずに慢性になりやすい病気です。

 

中耳炎

中耳炎は、ほとんどが外耳炎を併発しています。
中耳炎は外耳道の炎症が中耳に広がって起こります。
多くは鼓膜が破れ、感染が中耳に及んで炎症を引き起こします。

 

内耳炎

耳のもっとも奥深くにある内耳の神経が炎症を起こしている状態です。

耳の最深部にある内耳には、蝸牛神経と前庭神経があり、ここに炎症が起こるようになるためさまざまな障害が起こります。
最終的にはテンカン様の発作が起こって死亡することもあります。

 

 

耳かいせん

ミミヒゼンダニが外耳道に寄生する病気です。

数が増えるとかゆみを起こし、耳の中に黒っぽい耳垢が溜まっていて、いやな臭いがします。

強いかゆみのせいで耳をかいたり、頭を振ったり、壁や地面に耳をこすりつけるなどの行動が見られます。
悪化すると耳周辺から首にまで広がります。