132234

外部寄生虫

寄生虫とは、別の動物の体内や体表に住みついて生活し、その動物から栄養を吸収し、生きる生物のことをいいます。

外部寄生虫は、皮膚や皮下に生息するタイプです。

 

  • ノミ
  • マダニ
  • アカラス(ニキビダニ、毛包虫)
  • 疥癬(ヒゼンダニ)
  • ツメダニ

ノミは6本足を持つ昆虫で、ダニは8本足を持つクモの仲間です。

 

 

 

ノミアレルギー性皮膚炎

ノミに刺されることでかゆみや炎症が起こります。

強い痒みが特徴です。

 

アカラス症 (ニキビダニ症、毛包虫症)

ニキビダニ(体長約2~3ミリ)の寄生によって発症する。耳の穴や顔に脱毛がみられる。

 

疥癬(カイセン)

ヒゼンダニ(体長約0.1~0.3ミリ)が、皮膚に穴を掘って寄生することで発症する。耳やひじ、顔のまわりに激しいかゆみ、脱毛や発疹などがみられる。

 

ツメダニ症

イヌツメダニ(体長約0.5ミリ)の寄生によって発症する。
かゆみは弱く、かさぶたのようなフケが多くなる。

 

耳疥癬(みみかいせん)

イヌミミヒゼンダニ(体長約0.3~0.4ミリ)が、外耳道に寄生することによって発症する。かゆみから頭をしきりに振ったり、耳を掻きむしり、ひどくなると耳血腫や外耳炎を併発する。

 

マダニ症

マダニに吸血されることによってかゆみや貧血が起こりますが、咬まれることによっておこる感染症のほうが恐ろしいでしょう。
優秀な予防薬があるので予防をしっかりするべきです。