耳かいせん

ミミヒゼンダニが外耳道に寄生する病気です。
数が増えるとかゆみを起こし。悪臭のする耳垢がでます。

症状

強いかゆみから耳をかいたり、頭を振ったり、壁や地面に耳をこすりつけるなどの行動が見られます。
悪化すると耳周辺から首にまで広がります。

耳の中に黒っぽい耳垢が溜まっていて、いやな臭いがします。

 

原因

ミミヒゼンダニというダニが耳の外耳道に寄生しています。
耳垢や分泌物を餌としており、耳の中で卵を産み、孵化した幼ダニが成ダニに成長してまた繁殖を繰り返し、どんどん増殖していきます。

耳垢を取り出してみると、0.5ミリほどの白いダニが動いているのが確認できます。

かゆみを引き起こしているのは、ダニが血を吸うときに付けた小さな傷と、その傷口に集まってきた免疫細胞が放出する各種の化学物質です。

すでに耳かいせんを持っている犬から感染します。

 

治療

耳垢を取り除いたあと、殺虫剤を使って耳の中のダニを駆除します。

 

殺菌、殺虫効果のある薬です。主に外耳炎や耳かいせんに効果があります。

1日2回片方づつの耳に約0.5ml(1滴)を滴下します。症状によっては2滴下も可能です。
1週間から2週間くらい継続して使用して下さい。

だだし、卵には効果がないので残った卵が孵化するころに再度殺虫剤を使用します。

1週間に2~3回を目安に。完全に駆除するまで治療を続けます。

 

耳の洗浄液です。
有効成分は乳酸とサリチル酸です。
乳酸で弱酸性にしてサリチル酸で消炎症効果があるようです。

薬というよりは普段のお手入れに使えそうです。

 

使い方

犬や猫の耳にOtiClear(オティクリア)の液を耳の外耳道部分へ入れ、優しくマッサージをします。
届かない部分には液を染み込ませたコットンを使って洗浄してください。ペットが頭を振り洗浄液を排出した後、コットンで拭き取ってください。 反対側の耳も同様に洗浄します。
定期的なケアとして、週に2~3回使用します。

 

 

 

予防

定期的な耳掃除と、異常がないか観察する習慣をつけましょう。

投稿日:

Copyright© 猫と犬の病気と薬 なんとかし隊 , 2017 All Rights Reserved.