破傷風

傷口

多くは5日以内に死亡

土壌中に存在する破傷風菌は犬の体表が土で汚れたときに傷口から侵入し、体内で毒素を産出します。
この毒素によって引き起こされる急性の感染症が破傷風です。

この病気にかかると、運動神経と中枢神経がダメージを受けて全身が強直性のけいれんを起こします。
特に破傷風菌がつねに存在する場所で外傷を受けたときや、去勢や断尾などの手術のあとなどに感染しやすいので注意が必要です。

 

 

症状

ふつう感染後5~8日で発病します。
症状はまず、頭の側面の筋肉の強直性のけいれん(筋肉がつっぱったような長い時間のけいれん)に始まります。
そのためまぶたがひきつり、鼻の穴があき、口も開けられなくなって食べたり飲んだりできなくなります。

ついで、首の筋肉や全身の筋肉に強直と痙攣が起こり、四肢の関節も曲げられず、歩くこともできなくなります。
抱いて横に寝かせても、立っているときと同じように四肢をつっぱっています。

このような状態になると、犬はわずかな音や振動、それに光などの外界の刺激に対してきわてめて敏感になり、しばしば体を弓なりにそらし、やがて呼吸困難におちいって、多くは発病から5日以内に死亡してしまいます。
病状は筋肉だけに現れるため意識は保たれ苦しみながら死に至ります。

 

回復する犬でも、約2週間は症状が続きます。
しかも症状が全身性であるほど、病後もおもわしくありません。

 

原因

土

破傷風は、土の中にいる破傷風菌が、傷口から体内に侵入することで発症します。
気づかないほど小さな切り傷から感染する場合が多くあります。

破傷風菌は土壌中で長く生きています。
土の中に存在しているときは、芽胞の形の破傷風菌ですが、体内に侵入すると、感染した場所で、発芽及び増殖し、破傷風の毒素を産生していきます。

この細菌がケガによる傷口や、手術、断尾、去勢などの際の傷口から体の深部組織に入り込んで増えると、破傷風菌は毒素として2種類の毒素を産出して発病させます。

 

破傷風菌の毒素

  • 神経毒であるテタノスパスミン
    毒性は極めて強く、ボツリヌストキシンに次いで自然界の毒素で最強ランクに類されるもののひとつである。

 

  • 溶血毒であるテタノリジン

 

この毒素は脳や脊髄、中枢の運動神経細胞を集中的に攻撃するので、全身の筋肉の強直、けいれん、あるいは知覚過敏が起こります。

 

 

治療

症状が進んでいると治療は困難ですが、一般的には細菌が侵入している傷の部分の細胞をとりのぞき、オキシドールで十分に消毒して、傷口と全身にペニシリンを投与します。


同時に、病原菌が作り出している毒素を中和するために、抗毒素血清を使います。
病犬は静かな暗い場所で安静に保ちます。食べることも飲むこともできないので、栄養剤を投与します。
また、強直やけいれんを和らげるために鎮静薬を用います。
呼吸困難が起こったときには酸素吸入が必要となる場合もあります。

 

 

予防

破傷風トキソイドという変性毒素をワクチンとして接種すると予防できますが、犬では一般的には用いられていません。

犬がケガをしている場合には、どんなに小さな傷でもオキシドールで十分に消毒してあげましょう。
また去勢や断尾などの手術を受けた場合は、傷口が泥で汚れないように注意してください。

人間も破傷風に感染しますが、犬から犬、犬から人へというように、個体から個体へは感染しません。
あくまでも土壌中の細菌が感染源となります。
ケガなどをした時には必ず傷口を消毒するようにしましょう。

投稿日:

Copyright© 猫と犬の病気と薬 なんとかし隊 , 2017 All Rights Reserved.