病気分類

no image

呼吸器の病気

犬は人間と比べると呼吸器が比較的丈夫です。 そのため呼吸器の病気はあまり起こりませんが、比較的多いのは細菌やウイルスによる感染で炎症を起こすことです。 鼻水を出したり、頻繁に咳をするようなら、鼻やのど ...

心臓の病気

心臓は全身に血液を循環させるポンプの役割をしています。 血液やリンパ液を循環させることで体の組織は、栄養や酸素、ホルモンなどを受け取り、老廃物や二酸化炭素などを排出しています。 心臓の仕事 心臓は血液 ...

no image

目の病気

目の病気になると目のまわりが涙でぬれたり、目ヤニが出たりします。 かゆみや痛みがある場合も多いため、掻くしぐさが増えるようになります。 気を付けて見ていれば気が付ける病気が多いので注意しましょう。 & ...

no image

耳の病気

耳の病気はかゆみや痛みで頻繁に掻いたり、頭を振ったりするので異常に気が付きやすいものです。 負担からのケアが予防になります。 放置するとどんどん奥へと進行するので早期発見して対処しましょう。 外耳炎 ...

no image

皮膚病

膿皮症 膿皮症は細菌感染による皮膚病です。 犬では最も多く見られる皮膚疾患の一つで、猫ではあまり見られません。 皮膚の常在菌である「ブドウ球菌」が異常繁殖して病状化したものを総称して膿皮症と呼びます。 ...

ノミやダニの病気

外部寄生虫 寄生虫とは、別の動物の体内や体表に住みついて生活し、その動物から栄養を吸収し、生きる生物のことをいいます。 外部寄生虫は、皮膚や皮下に生息するタイプです。   ノミ マダニ アカ ...

肝臓の病気

肝臓は代謝や血液の解毒にかかわる重要な臓器です。 肝臓の病気には肝炎や肝硬変などがありますが、進行するまで無症状のことも多いので注意が必要です。   肝臓のしくみ 肝臓は、臓器の中で最大の組 ...

寄生虫症

寄生虫は動物のどこに寄生して住み着くかによって大きく2つに区分されます。 内部寄生虫:腸管や臓器、血管など体の中に寄生して生息するタイプ 外部寄生虫:皮膚や毛など外部に住み着いて、主に吸血して寄生する ...

泌尿器の病気

泌尿器のしくみと役割   泌尿器は、血液を濾過して尿を作り、尿を外に排泄する一連の器官です。 腎臓・尿管・勝脱・ 尿道がワンセットです。     腎臓 腎臓は第2腰椎から ...

no image

内分泌系の病気

内分泌線とは生命の維持に必要なホルモンを分泌する器官です。 ホルモンは分泌量が多すぎても、少なすぎてもさまざまな障害が起こります。   糖尿病 血液中のブドウ糖をうまく利用することができなく ...

Copyright© 猫と犬の病気と薬 なんとかし隊 , 2019 All Rights Reserved.