糖尿病

984058d30032ea8fabe272b8abb738c9_s

血液中のブドウ糖をうまく利用できず、高血糖の状態が続く病気です。

 

症状

初期症状としては水をたくさん飲み、尿の量が増えます。
また、食べているのに、どんどんやせてきます。

進行すると、細い血管や神経が侵されるため、 白内障や腎不全などを合併します。

 

原因

でんぷんなどの炭水化物は生きていく上で重要な栄養素の一つです。
炭水化物は分解されて糖質になり、消化されてブドウ糖として血液にとけこみ全身の細胞でエネルギー源として使われます。

この血液中のブドウ糖を血糖と呼びます。

食事をすると食べ物は消化されて血糖値が高くなります。
健康な状態では、すい臓から分泌されるインスリンというホルモンによって血糖値がコントロールさrています。

しかし、インスリンの働きが悪かったり、 量が少ないと、血液中のブドウ糖を利用できずに、血糖値が高くなります。これが糖尿病です。

過剰にな ったブドウ糖は、尿と一緒に排池されます。

 

血糖値が高いとなぜ良くないのか

血糖が高いと全身の血管にダメージが与えられ続けます。こうしたドロドロ血液によって動脈硬化が起こり、血流が悪くなります。
血流が悪くなると、末梢神経に障害が出るようになります。

 

糖尿病網膜症

血糖値が高い状態が長くと網膜の血管が損傷し、視力が弱まります。
失明する場合もあります。
また白内障の原因になることもあります。

 

糖尿病神経障害

高血糖により、手足の神経に異常をきたし、足の先や裏、手の指に痛みやしびれなどの感覚異常があらわれるようになります。

さらに症状が進行すると徐々に感覚が鈍くなっていき、足に怪我をしても気付かなくなります。
そのため細菌に感染し、最終的には細胞が壊死するため切断しなければならないこともあるのです。

 

 

大血管症

糖尿病は動脈硬化の原因となり、心臓病や脳卒中を引き起こします。
特に、食後の高血糖が動脈硬化を進行させることが知られています。

 

歯が悪くなる

高血糖が続くと歯周組織の血管がもろくなります。
これを放置すると歯周病が進行しやすく、歯を支えている骨(歯槽骨)がなくなり、歯を失う原因となります。

糖尿病腎症

糖尿病腎症は、高血糖により、腎臓にある非常に細い血管がむしばまれていく合併症です。
進行すると、老廃物を尿として排泄する腎臓の機能が失われてしまいます。

腎臓は血液の濾過装置です。

タンパク質や赤血球や白血球などはろ過せず、水や電解質(ミネラル)、老廃物だけを通過させ、尿のもとをつくります。
しかし高血糖が続くと、濾過フィルターである糸球体の血管が硬化し血管が狭くなると同時にろ過作用が低下します。

最終的には尿が出にくくなって、老廃物が体にたまってしまいます。
尿毒症や腎不全になります。

この合併症は自覚症状がないまま進行していきます。

 

皮膚のトラブル

血液中に多くなったブドウ糖を体の外に排出しようとたくさんの尿が作られて脱水症状が起こるため、皮膚の水分も少なくなって、乾燥からかゆみが出る場合もあります。
また、糖尿病になると抵抗力が弱くなり様々な皮膚感染症にかかりやすくなります。

 

水が飲みたくなる

血液中にブドウ糖がたまってしまう糖尿病
血糖値が高くなるとこれ以上濃度が高くならないように、脳が水を飲むように体に指令が出されます。
水分を取ることで血液を薄めようするためです。

しかし、糖尿病になっていると常に血糖値が濃度は高いままなので、いつまでも水を飲み続けるようになるのです。そのため、何度も尿意を感じ量も増えてしまうのです。

 

こうしたドロドロ血液によって動脈硬化が起こり、血流が悪くなります。血流が悪くなると、末梢神経に障害が出るようになります。

糖尿病の治療

注射器

血糖コントロールが中心になります。
それでも血糖値が下がらない場合は、血糖コントロールと同時に注射でインスリンを補い ます。

インスリン注射は、生涯行なわなければなりません。

 

予後・予防

カリカリ

悪化させないためには、血糖コントロールを継続し、年に1度は血糖値を測定して、 状態を確認しましょう。

予防のためには、 太りすぎないことが大切です。

食事療法の基本的な考え方は、カロリー(エネルギー)を必要以上にとらないようにすることです(必要量以上のカロリーの摂取は体にとって害となります)。
バランスのとれた栄養を1日の必要量のカロリーでとることで、すい臓の負担は軽くなり、すい臓の十分な能力は回復されます。

 

 

 

 

 

 

投稿日:

Copyright© 猫と犬の病気と薬 なんとかし隊 , 2017 All Rights Reserved.