プレドニン(プレドニゾロン)は、合成副腎皮質ホルモン製剤です。
いわゆるステロイド薬と呼ばれるものです。

1955年(昭和30)に塩野義製薬(株)とアメリカ・シェリング社(米国)が技術援助契約を締結することによって、日本国内に初めて導入されたステロイド剤で歴史ある薬剤である。

プレドニゾロンは一般名称で、製薬会社各社から同じ薬剤がさまざまな商品名で売られている。形態も錠剤や注射薬があり、プレドニンのほかにプレドニゾロン錠、プレロン錠などがある。
このお薬は内服薬になっています。

プレドニゾロンには強い抗炎症作用や、制吐作用食欲増進作用などもあることから、がんの緩和治療にも役立てられています。

特に初期治療として、他の抗がん剤と合わせて投与されることが一般的です。

 

主な使用用途は下記の通りとなっております。

【炎症やアレルギー】
アレルギー性皮膚炎、皮膚炎、湿疹、かぶれ、等の改善

【免疫系】
自己免疫症、脳、血液、脊髄の症状の改善

【慢性副腎不全】
アジソン病、副腎皮質ホルモンの不足時の補充療法

 

 

ステロイドの効果

ステロイドは、抗炎症作用や免疫抑制作用などの薬理作用を有しており、さまざまな疾患の治療に幅広く用いられている。数多くの病に効果があるお薬なんですね。

 

  • 炎症の原因に関係なく炎症反応を抑制し、炎症のすべての過程において有効。

 

  • 非常に広範な疾患を抑えるのに有効なので数え切れないほど多くの疾患に適用になり、ほとんどの診療科で使われる。

 

  • リンパ球を破壊するので異常リンパ球が増える疾患である急性リンパ性白血病や悪性リンパ腫では欠くことができない薬であるため、リンパ球が関係する自己免疫疾患、アレルギー性疾患、移植片拒絶反応の治療でも用いられる。

 

 

 

副作用

数え切れないほどの多数の疾患に非常に良く効くことと多彩な副作用は表裏一体でもある。

長期間プレドニゾロンを使用した場合、急に止めるとさまざまな離脱症状があるため、時間をかけて徐々に減薬していかないとならない(短期的な使用ならば、いきなり断薬した方が良い)。

 

 

ステロイドについてはこちらをどうぞ
L2-fl05-03

 

 

 

使用方法

 

【炎症の治療に用いる場合】
1日2回 体重1kgに対し2~6mg ※症状により適宜増減致します。

【免疫機能の治療に用いる場合】
1日3回まで 体重1kgに対し0.2~6mg ※症状により適宜増減致します。

 

 

プレドニゾロン

商品名 パナフコルテロン
内容量 60錠
1錠あたりの成分 プレドニゾロン 5mg

L2-fl05-08