クララスティルは、犬の白内障の治療に適した点眼薬となります。
犬も人間と同じように目の病気にかかります。

 

白内障とは?

一般的な目の病気として、角膜炎、結膜炎、硫涙症(涙やけ)、緑内障、白内障などがありますが、中でも白内障は人間同様に老化が殆ど原因となり、罹病率が高い病気と言われています。

白内障の病気にかかると、透明である目の水晶体が少しずつ濁っていくことで視力が低下し、日常生活に支障が出るようになります。
また、白内障を放置しておくと、失明する場合もあります。

 

なぜ老化するのか?

人間は常に呼吸をし、呼吸によって体内に取り入れられた酸素は血液に入り、栄養分とともに細胞へと運ばれていきます。酸素は細胞内で栄養分をエネルギーに変えるために必要不可欠のものですが、その過程で酸素に触れた細胞膜,DNAなどにダメージを与えます。
これを酸化といい、酸化してしまった細胞は老化してしまった。といえるでしょう。
正常に働けない状態となり、さまざまな病気につながっていくのです。

 

水晶体の老化

老化による白内障は、すなわち水晶体が老化したことによって劣化してしまった状態です。

水晶体は、レンズの役割をしているので、透明な組織でできています。そのため血管がとおっていません。
そのかわりに、房水という水晶体の周囲を透明な液体で満たして流動しています。
これによって酸素と栄養を受け取っているのです。
房水は同時に、水晶体から排出された老廃物を受け取っています。つまり房水は、”血液の代役”となって、水晶体と角膜の新陳代謝を助けているのです。

 

もともと細胞内にはカルノシンという複合アミノ酸を作る機能が備わっており、このカルノシンが諸器官の酸化を抑制する役割をはたしています。
ところが加齢とともにカルノシン作成機能が減退して行き、体内のカルノシン濃度が減少するため水晶体の酸化が進み、白内障へと進んでいくわけです。

 

カルノシンの役割

カルノシンは細胞内で複合アミノ酸を作り、強力な酸化防止剤として働いています。
このカルノシンの働きによって細胞の酸化を抑制しているのですが、老化によりカルノシン作成機能が減退していきます。

人間が生きているかぎり、細胞の酸化を止める方法はありませんが、酸化防止機能を有する物質を摂取することで減退したカルノシンを補うことは可能です。

 

 

別のものでカルノシンを補えばいい!

失われたカルノシンを作る力、しかし補うという方法で解決できます。

カルノシンの仲間にNアセテルカルノシン(非加水分解カルノシン)という複合アミノ酸があります。
これは人間の体内では作成されず、化学合成により製造されるものですが、これをNアセテルカルノシン溶液という形で目薬を作り投与してみました。

なんと・・・

目の中でNアセテルカルノシンが本来のカルノシンに変わり、眼球の水溶液に直接入り込み、強力な酸化防止剤として働き白内障が改善されることがわかりました

これをロシアの科学者、マーク・バビザエフ博士が発見しました。

 

 

白内障の治療薬 クララスティルが誕生

クララスティルはNアセテルカルノシン(非加水分解カルノシン)溶液を1%含む点眼薬です。
10年以上に亘る動物と人での臨床試験を経て、EUの安全規格CEマークを取得、2010年9月には米国特許を取得し世界的に注目を集めています。
既にヨーロッパ・ロシア・東南アジアなどで数年前から広く使用されています。

 

  • さまざまなタイプの白内障に効果がある。
    加齢性白内障だけでなく糖尿病やアトピー性などほとんどのの白内障に対して作用が確認されています。

 

  • 副作用がない
    今のところ副作用、事故の報告はないそうです。

 

 

使い方

  • 最初の1ヶ月間は、両眼に1日朝・夕2回、それぞれ1滴ずる点眼して下さい。
    視力改善の兆しが出ない場合
    眼の色が白から黒に変わってきている、眼の動きがよくなっている場合は、2カ月以降も兆しがみられるまで、使用量を継続することをお進めします。

 

  • 2ヶ月目以降は、両眼1日1回1滴を点眼して下さい。
    (眼の健康維持や再発防止のために、継続して使用される事をお勧めします。)

 

 

注意事項

※開封後は《30日以内》にご使用ください。
(未開封の状態では使用期限内の保管は問題ありません。)
空気に触れることで酸化していくからです。

 

一緒に使ってほしくない抗酸化剤サプリメントについて

  • ルティン製剤
  • ゼアキサンチン製剤
  • アスタキサンチン製剤

併用はするとクララスティルの作用が半減することがあるようです。

万が一、他の目薬を使用された場合は、1時間経過後に、他の目薬を点眼下さい。

 

 
L2-fl05-03