ツメダニ症とはダニの一種であるツメダニが寄生することによっておこる皮膚病です。
ケイレテイラ皮膚炎とも呼ばれています。

接触によって人間にも感染します。

 

ツメダニとは?

ツメダニは鋭いかぎ爪(フック)を持っており、このフックで犬や猫の皮膚に取り付き、傷をつけて体液やリンパ液を摂取しながら生きています。

大きさはオス0.6mm、メス0.4mm程度で虫眼鏡でなんとか確認できるほどの大きさです。

犬の被毛をかき分けて皮膚の表面を観察すると、フケがかさぶたのように厚く重なり、そのフケがかすかに動いているように見えたら、その下にツメダニの集団が隠れています。
そのときには、被毛の先に白い粉のようにダニが付着していることもあります。

 

 

症状

ツメダニ症の特徴は大量のフケです。
多くの場合、左右対称で背中に多いです。背中部分に大量のフケが発生してるのでわかるでしょう。

また耳のうしろ、しっぽの付け根、股間、おなかなどが挙げられます。
皮膚に赤みは出ますが、かゆみは強くないのが特徴です。

 

このように感染している犬を抱いたり、一緒に寝たりすると人間にもダニが感染してしまいます。
症状としては、はげしいかゆみをともなう赤い発疹ができます。

ダニ刺咬性皮膚炎というもので、いわゆるダニアレルギーの症状です。
ダニが刺した際の唾液に対してアレルギー反応が起こります。

幸いなことにツメダニは、人の皮膚の上では繁殖できません。

 

 

ライフサイクル

ツメダニは皮膚の上でオスとメスが出会い交尾してそこで産卵します。
卵は、蚕(かいこ)のように毛で被毛に付着して3~4週間かけて脱皮しながら成虫へと育ち
また繰り返すライフサイクルを行います。

そうしてどんどん増えて全身に広がっていくと体全体にかゆみが起こり、苦痛を感じるでしょう。

 

原因

ツメダニ症は感染性の皮膚疾患です。

  1. すでに犬ツメダニに感染している犬、猫との接触
  2. リードブラシなどの道具
  3. ノミやシラミ、ハエといった大型の昆虫類を介しての間接的な接触

 

特に一歳未満の若い動物がかかりやすいといわれています。

 

 

治療

ツメダニが大量に寄生している場合は、全身の毛を刈ることもありますが、ツメダニの駆除はスポット薬や内服薬の殺ダニ剤を投与し、殺ダニ効果のある薬用シャンプーを使って駆除します。

 

スポット薬を使う

フィプロニルの効果で駆除ができる。
駆除は殺すことができるということで犬にダニがつかなくなるわけではない。

 

セラメクチンの効果で駆除できる。

 

 

 

シャンプーをする

薬用シャンプーをする場合には、頭部から肩、腰にかけての上半身を丁寧にこすってフケをよく落とします。
ただし、薬用シャンプーをしても卵には効果がないので根気よく薬浴を続けてください。

余分な皮脂を落としてダニを駆虫する効果がある。

 

予防

日ごろからワンちゃんの衛生面には気を配ります。
ツメダニは宿主がいなくても10日ほど生存できます。
掃除をこまめにしたり、殺虫剤の噴霧などダニが繁殖しにくい清潔な環境を保ちましょう。

放置しておくとツメダニの生息域が全身に広がって、不快な皮膚の状態や痒みでストレスを溜めてしまいます。
症状に気づいた時は早めに病院を受診します。