エンフロサキシン

バイロシン(海外版バイトリル)

投稿日:

犬および猫の尿路感染症治療薬です。
有効成分のエンフロキサシンを含有しており、バイロシン(別名バイトリル)は海外版バイトリルです。

エンフロサキシンの特徴

有効成分であるエンフロサキシンは、フルオロキノロン系の抗菌薬です。

抗菌薬は人工的に作られた抗生物質で、狙った細菌に対してだけ効果を示すお薬です。

そのため、犬や猫をはじめ、ウサギ、げっ歯類などにも比較的安全に投与できるため、多く使用されている成分です。

抗菌薬には多くの種類があり、それぞれに特徴があります。

 

吸収率が良い

飲み薬での薬剤の吸収率がとてもよく、体のすみずみまで素早く薬効がいきわたります。

特に薬は尿から排泄される特徴があるので、薬は尿内で高濃度になります。

そのため特に尿路感染症などに効果的なお薬です。

 

色々な菌に効く

  • 腸内細菌及び緑膿菌
  • グラム陰性菌
  • ブドウ球菌
  • グラム陽性菌
  • 抗酸菌
  • マイコプラズマ

これらのような多くの病原性細菌に対して、短時間で殺菌的に作用することができます。

 

安全性が高い

エンフロサキシンは細菌のDNA合成を邪魔することで効果を発揮します。

 

 

哺乳類や鳥類は細胞の核に核膜という膜を持っています。
細菌は核膜を持たないためDNAに直接影響がありますが、動物の細胞には核膜があるため直接作用することができません。

そのため非常に安全性が高いのです。

 

耐性菌に効果的

菌が薬剤に対して耐性を受け継ぎにくい作用構造になっているので、他の抗菌薬に比べて耐性菌が発生しにくいです。
そのため

  • ペニシリン系
  • セフェム系
  • アミノグリコシド系
  • テトラサイクリン系

これらの抗菌薬にも強い、多剤耐性菌(色んな薬に強い菌)に対しても効果的です。

 

 

 

バイロシン(別名バイトリル)の使い方

1錠あたり
エンフロサキシン 50mg

使用量

1日1回 飲ませてください

エンフロサキシンの量
体重1kgに対して
5~10mg 5mg

 

犬の場合 体重

5~10Kg 

猫の平均体重

4kgの場合

1錠 0.5錠

 

注意事項

12ヵ月齢未満の成長期にある犬には使用しないでください。

副作用
副作用は少ないですが、ないわけではありません。
嘔吐、食欲不振、流涎等がみられることがあります。
異常が見られた場合は獣医師の診断を受けてください。

猫の場合
投与によって失明等の視覚障害が認められた報告があります。
異常が認められた場合は投与を中止してください。

 

バイロシン 50mg(海外版バイトリル)

内容量 1箱 100錠
有効成分 エンフロサキシン 50mg
1箱 2,414円
2箱 4,366円

 

バイロシン 150mg(海外版バイトリル)

内容量 1箱 100錠
有効成分 エンフロサキシン 150mg
1箱 3,273円
2箱 6,293円

-エンフロサキシン

Copyright© 猫と犬の病気と薬 なんとかし隊 , 2019 All Rights Reserved.