抗生物質の目薬

シフランアイドロップ

シフランアイドロップは「細菌などによる感染症」に対して使用する抗菌薬の目薬です。

有効成分はフルオロキノロンの目薬です。

 

バクテリアとは

細菌は感染した生物から栄養を取り込み増殖していきます。

バクテリア細菌の感染経路は多種様々で主に

  • 接触感染(直接感染)
  • 経気道感染(空気感染)

といわれています。

犬や猫の場合、目の一部が顔の表面から出ているために傷つきやすく、細菌に感染したり、病気になりやすい部位ともいえます。

シフランアイドロップに含まれるシプロフロキサシンは強い抗菌力をもつ抗菌薬で、フルオロキノロン抗生物質として分類されており、犬猫にご使用いただけます。

 

こんな病気のときに使いましょう

細菌が原因によって引き起こされる病気は色々あります。

 

角膜炎

目の表面である角膜に炎症が起こる病気で痛みが強いので、ペットは違和感を感じて不自然なしぐさが頻繁に見られるようになります。

細菌による感染症や、アレルギー反応などがさまざまな原因があります。

 

早めに治療することで完治させることが可能です。

 

角膜炎の続き

 

結膜炎

人間でもよく見られる結膜炎は目や目のまわりが赤く腫れたりする症状が見られます。

まぶたの周りが痛かったり、かゆくかったりといった症状が見られ、角膜炎と同様に、目の周りの毛が触れたり、前足でキズつけたり、細菌やウイルスなどの感染が原因の病気です。

犬に多い傾向があり、適切な治療を行えば早く治ります。

 

結膜炎の続き

 

乾性角結膜炎

 

いわゆるドライアイという状態です。

涙の分泌が少なくなることで目の表面が乾いてしまい、結膜と角膜に炎症が起きます。

 

ウイルス感染や高齢化が原因で、目が乾いて角膜と結膜に炎症を起こす目の病気です。

 

乾性角結膜炎の続き

 

眼瞼炎

まぶたやその周辺が赤く腫れる病気です。

結膜炎や角膜炎などで目をこすりすぎて炎症を起こす場合や、真菌・細菌の感染が原因で眼瞼炎になります。

放っておくと慢性して治りにくくなるので注意が必要です。

 

眼瞼炎の続き

 

 

シプロフロキサシン 3mg

有効成分であるシプロフロキサシンは広域抗生物質であり、グラム陰性、グラム陽性のいずれのバクテリアにも活性である。

 

こんな風に効くよ

デオキシリボ核酸二本鎖の切断・再結合を行う酵素であるDNAジャイレース(DNAトポイソメラーゼの一種)に結合し、DNAの複製を阻害することで抗菌作用を示す。

 

細菌はDNAの複製が阻害されることで、細胞分裂ができなくなる。

これによって増殖することができなくなり、感染を止めることができる。

 

効き目のある菌

  • ブドウ球菌属
  • 腸球菌属
  • 炭疽菌
  • 大腸菌
  • クレブシエラ属
  • エンテロバクター属
  • 緑膿菌
  • レジオネラ属

 

シフランアイドロップ10mlの副作用

  • 目の刺激・痛み
  • 目のかゆみ
  • しみる
  • 目のかすみ
  • まぶしい
  • 涙が出る
  • 目やまぶたの裏側が赤くなる

まぶたの症状

  • まぶたのただれ
  • まぶたのかゆみ
  • 目のまわりの腫れ

 

 

シフランアイドロップ

内容量 10ml
有効成分 シプロフロキサシン0.3%

-抗生物質の目薬

© 2021 猫と犬の病気と薬 なんとかし隊