泌尿器

慢性腎不全

投稿日:

腎臓は体中をめくっている血液をろ過して尿を作るための器官です。
慢性的にこの機能が働かなくなる病気が慢性腎不全です。

腎臓の中にはネフロンという濾過装置がたくさん入っています。
その一つ一つが血液から老廃物を取り除いたり、使える成分を再度取り出したりしていますが、何らかの原因で、ネフロンが少しずつこわれていき、腎臓がはたらかなくなります。

犬の慢性腎不全は、はっきりした症状が出るまでに時間がかかり、症状が出たときには治療がむずかしいこともあります。

 

慢性腎不全の原因

慢性腎不全の原因はさまざまな要因があります。

  • 慢性糸球体賢炎
  • 間質性腎炎
  • 水腎症
  • 老化による腎臓機能の低下
  • 糖尿病
  • 高血圧
  • 偏った食事(高塩分、高たんぱく食など)
  • ガン
  • 自己免疫疾患
  • 遺伝疾患
  • 中毒

原因としてはこれらが考えられ、体内で起こっている状態は腎臓の中のネフロンといろ過装置が少しずつ時間をかけて壊れていくため、腎臓がはたらかなくなります。

血液中に老廃物がたまってくると、血中の尿素窒素の数値が高くなってきます。
そのため血液中の窒素化合物の濃度を調べ、高窒素血症になっていないかどうかを調べる必要があります。
また、血液中のカリウム、カルシウム、リンなどの電解質の濃度も検査する必要があります。

腎臓は多くの仕事を行っているので、壊れたときさまざまな弊害が起こります。
明らかな症状が見られるころというのは、腎臓の機能の75%を失っている状況です。
気づくころにはかなり進行しているということです。

 

症状

慢性腎不全の場合、病気の進行具合によって症状が大きく異なります。
食欲が落ちて痩せることが多いですが、症状が落ち着いているときと悪化しているときではその程度に差があります。
多くの場合は食欲が落ちて痩せる傾向にあります。

 

ステージ1

初期段階では特に症状は見られず、血液検査にも引っかからないが、尿検査でたんぱくや尿の成分バランスが異常が見られます。
尿検査しないとわからないこのステージですが、正常時の30%程度しか腎臓が機能できなくなっています。

 

ステージ2

おしっこの量の変化が見られます。
腎臓では老廃物だけをろ過して、水分は再び体に戻しますが、このころには腎機能の低下によって尿を濃縮できなくなってきています。
そのため、比重の低いうすい尿をたくさんするようになります。

たくさん水分がでるので喉が渇いて、たくさん水を飲むようになります。
腎機能は25%程度しか機能していませんが、食欲もあり元気そうなのでなかなか飼い主が気が付くことは難しいかもしれません。

 

ステージ3

腎機能がさらに低下するため、体内の老廃物や有害物質を除去することができなくなっています。
身体の水分がたまり、むくみや高血圧になります。
また、高窒素血症をおこし、尿毒症になります。

尿毒症になると全身にさまざまな不具合が見られるようになります。

 

尿毒症の症状

老廃物がたまる
血液の濾過機能が低下することで老廃物が体にたまります。
疲れやすい、皮膚のかゆみ、出血しやすい、むくみなど

消化器症状
おう吐や下痢などの消化器症状が見られる場合があります。
寝起き時におう吐が見られたり、あまり激しくない下痢が続くことがあります。
その他にも尿のような口臭がする、口内炎なども見られる。

 

神経症状
貧血がほぼ100%に見られ進行するにつれて、けいれんや意識障害を起こします。
不眠も見られる。

 

高リン血症
慢性腎不全になるとリンの排出能力が低下し、血液中のリンの濃度が高くなってしまいます。
リンが多くなるとカルシウムの吸収が阻害されるため骨が弱くなることがあります。

そのため腎性骨異栄養症という病気が見られる。
これは子イスや老犬が腎不全になったときに多くみられる病気です。
骨折や骨格の変形、骨・関節に痛みが現われます。

 

このように尿毒症の症状は、たくさん異常を起こすため飼い主は必ず異常に気がつきますが、相当進行している状態で腎機能は25~10%程度です。

 

ステージ4

慢性腎不全でも、最終段階である末期腎不全まで進行すると腎臓の機能をほとんど失い、尿が作られなくなり、尿の量が減ります。

積極的に治療行為を行わないと生命維持すらできません。
腎機能は10%以下です。

最終的にここまでくるのは、慢性腎不全と診断されて1年半~2年ほどと言われます。
尿毒症を発症すると余命は短くなり、アンモニア臭が口からするようになると余命は数カ月。

尿がでなくなり、痙攣が見られるようになれば、早ければ1週間~1カ月程度となってしまいます。

 

次のページへ >

-泌尿器

Copyright© 猫と犬の病気と薬 なんとかし隊 , 2019 All Rights Reserved.