petno

咽頭炎

咽頭という「口と食道にある柔らかい粘膜性の器官」で炎症が起こった状態が咽頭炎です。 咽頭は口、鼻、食道とつながっており、発生させる機能や肺や気管に食べ物が侵入しないようにする機能などを備えていますが、 ...

ファロー四徴症

生まれつき心臓に四つの先天性異常を持って生まれてきたため、酸素を十分に含んだ血液を送り出すことができません。 そのためさまざまな症状があらわれます。   原因 この病気は4つの先天的疾患を同 ...

no image

肺動脈狭窄症

先天的に肺動脈の根元が狭くなっているために、心臓の肥大や肺の血圧の低下などの異常が起こり、呼吸困難などの心臓病に典型的なさまざまな症状があらわれます。   原因 この病気は右心室から出ている ...

動脈管開存症

正常な場合には生まれたあと閉じるはずの動脈が、成長しても開いたままになるという先天的な異常による疾患です。 犬の先天性疾患としては最も頻度の高い疾患です。 早期発見がかなり大切です。   症 ...

心室中隔欠損症

先天的に心臓の右心室と左心室の間の壁である心室中隔に穴や隙間が空いている病気です。 そのために心臓肥大などの症状が起こります。 穴が大きいと子犬の頃から症状が現れます。   原因 左心室の血 ...

心房中隔欠損症

心臓の2つの心房の間の壁に生まれつき穴が開いている病気です。 比較的多い先天性の異常で、特に重大な症状が見られない場合もあります。 しかし、フィラリアに感染すると問題が発生します。   原因 ...

ニフラン点眼液

ニフラン点眼液は、犬猫用の非ステロイド性抗炎症目薬です。 有効成分のプラノプロフェンが目の炎症を鎮めて、腫れや充血、痛みなどの症状を改善します。 また、眼組織における局所毒性が少ないことや、点眼液中に ...

ベトメディン

  ベトメディンは犬用の心不全治療薬です。 有効成分のピモベンダンは、心筋の収縮に必要なカルシウムイオンを効率よく、利用させて心臓の収縮力を高める強心効果があります。 これにより、息切れや息 ...

チバセンジェネリック

チバセンジェネリックは、有効成分のベナゼプリルを含有する血管拡張薬です。 ベナゼプリルは、動物用医薬品・フォルテコール錠と同一の有効成分です。 ベナゼプリルによって、末梢の血管を拡げて血圧を下げること ...

セーフハートチュアブル

セーフハートチュアブルは、犬用の心不全治療薬です。 有効成分であるピモベンダンが、心臓の収縮に必要なカルシウムイオンを、効率よく利用できるようにすることにより心臓の収縮力を高めます。 また、血管が収縮 ...

© 2020 猫と犬の病気と薬 なんとかし隊